投資マンション物件を見つける|サポートが充実した業者探し

まずは5戸を目指そう

マンションの模型

不動産投資において5戸の投資マンションを保有するようになると、それまでと状況が大きく変わってきます。空室リスクに悩まされることも少なくなり、また、信用力が付き、銀行などの金融機関が積極的に融資してくれるようになります。

詳細

投資目的のマンション

外観

経済状況以外の要因

不動産投資には、様々な種類があります。中でも居住目的でなく、投資目的のマンションである「投資マンション」に注目が集まっています。投資マンションに対して投資を行う際には、以下の点を把握しておく必要があります。一つは、マンション価格を押し上げる要因を丹念に調査・分析することです。特に、投資資金の流れに着目するとよいでしょう。また、経済状況の分析に加えて、中央銀行の金融政策や、不動産市場以外の金融市場の分析も不可欠です。さらに、近年においては、経済状況が良好でなくてもマンション価格が上昇することが時々あるので、この点に注目することが大事です。このような状況は、日本だけでなくアメリカや中国、カナダといった諸外国でも知られています。

節税効果と買い方の存在

投資マンションには、株式や債券への投資とは異なる点があります。その一つは、マンションなどの不動産に対する投資の中には、節税効果があります。これは政府が定めた減税措置の一環です。つまり、自分の投資資金を投資マンションという形で保管しておくことで、投信利益を上げられるだけでなく、節税にも繋がります。もう一つは、不動産に対する投資のため、投資家は買いから入る買い方しかいない、ということです。株式や債券の場合、空売りなどの価格下落で利益を狙う売り方がいます。そのため、不動産投資に関してはどの投資家も買いから入るため、比較的安心して投資を始めることができる市場になっています。

ニーズは今後も強いです

マンション

投資マンションの価格は今後も堅調に推移することが予想されています。その理由は各自治体がワンルームマンションの建設に規制をかけ始めたことと、海外旅行客が増えてきており、宿泊施設としての民泊が盛り上がってきたことです。

詳細

安定した収入のある投資法

出入り口

資産運用するなら不動産投資がリスクが小さいので安全です。安定した家賃収入を得られるのがマンション経営です。大事なのは投資マンションの選び方です。選ぶ時にターゲットを絞ることが大切です。学生や単身者なら20平米以上の広さのあるワンルームを選びます。ファミリー層なら3DKの部屋が人気です。

詳細