投資マンション物件を見つける|サポートが充実した業者探し

安定した収入のある投資法

出入り口

ターゲットを絞ることが大事

安全な預貯金で資産運用しようとしても、今は超低金利の時代なので効果はないのです。資金を増やすには投資をするのが一番です。株や投資信託や先物取引など色々な投資がありますが、最もリスクが小さいのが不動産投資です。その中でもマンション経営は安定した家賃収入を得ることができます。そのためには投資マンションの選び方が重要になります。色々な投資マンションが売りに出ていますが、入居者のターゲットを決めることが大事です。学生や単身者専用にするのか、ファミリー層専用にするのか、それとも両方を混在させるのかを決めます。大学や大企業が近くにあるなら学生や単身者専用の投資マンションが有利です。住環境がよくて近くに公共施設などがあるならファミリー層の入居が見込めます。

入居率の高い物件を選ぶ

安定した家賃収入を上げることのできる投資マンションは、空室になりにくいという特徴があります。空室が多いとそれだけ家賃収入が減るので、入居率の高い物件を確保する必要があります。入居率の高い物件を選ぶ時の基準があります。まず、3点ユニットの物件は避けるということです。3点ユニットとは風呂、洗面台、トイレが同じ部屋にあることです。ビジネスホテルによくある部屋で、借りる人が一番避けたい物件です。学生や単身者用のワンルームなら広さが20平米以下の部屋は避けることです。ワンルームでも狭い部屋は入居率が悪くなります。少しでも広い部屋の方が人気があります。ファミリー層をターゲットにするなら思い切って3DKの間取りにした方が入居者は多くなります。家族構成にもよりますが、2DKは案外人気がないのです。